【気持ちいい】パイズリオナニーのやり方・方法を徹底解説!

出典:桃乃木かな

 

一度でいいからパイズリしてみたい!

 

そう思ったことはありませんか?

 

でも、実際のところパートナーにお願いするのは、気が引けたりしますよね。

 

そんなあなたにオススメしたいのが、おっぱい造形のアダルトグッズを使ったパイズリオナニーです。

 

この記事では、そもそもパイズリオナニーとは何なのか?詳しくお伝えしながら、気持ちがいいパイズリオナニーのやり方、方法について取り上げていきます。

 

パイズリオナニーを体験したら、病みつきになること間違いなしです。

 

まずは、パイズリオナニーは一人でできるものなのか、詳しく見ていくことにしましょう。

 

パイズリーオナニー…1人でできるの?

そもそも、パイズリオナニーとは「おっぱいの形をしたアダルトグッズを用いたオナニーのこと」を指します。

 

最近は、生おっぱいに近い形、感触のおっぱいグッズがあったり、パイズリ専用おっぱいグッズがあったりするため、一人でパイズリオナニーが楽しめるのです。

 

必要な道具はたった2つのみ。

 

1つはおっぱいの形をしたアダルトグッズ。もうひとつはローションです。

 

おっぱいの形をしたアダルトグッズは、「おっぱいオナホ」と呼ばれることもあります。アダルトグッズを販売している通販サイトを覗くと、すぐに見つけることができるはずです。

 

なお、パイズリオナニーをする際、ローションがないとペニスを痛めることがあったり、あまり気持ちよさを感じなかったりします。そのため、必ず用意してください。

 

基本的な内容が分かったところで、パイズリオナニーのやり方について見ていくことにしましょう。

パイズリオナニーのやり方

まずは準備から。

 

厚手のタオルを机やベッドの上に敷きます。タオルを用意しておかないと、このあと使うローションで汚してしまうものです。そのため、忘れずにタオルを敷いてください。

 

続いて用意したおっぱいオナホに、たっぷりとローションをたらします。

 

ローションでぐちょぐちょに濡れたおっぱいにペニスを挟んだ方が、気持ちよさが倍増するため、「ちょっと多いかな?」くらいローションを垂らしてみてください。

 

準備ができたら、あとは実際に腰を振ってパイズリを堪能するだけです。

 

乳首をつまんだり、おっぱいを揉んだりしながらオナニーすると、本当にパイズリしているかのような臨場感を堪能できます。

 

以上が、パイズリオナニーのやり方でした。これまでお伝えしてきた方法を実践するだけでも、十分に気持ちよさを感じることはできます。

 

しかし、よりパイズリオナニーを楽しむためには、ちょっとしたコツがあるため、次項で詳しく見ていくことにしましょう!

パイズリオナニーを楽しむコツ

パイズリオナニーをする際、ほとんどの男性は好みの女の子のことを想像しながら、オナニーを楽しむものです。しかし、それだけではいずれ飽きてしまいます。

 

そこでぜひ試して欲しいのが、パイズリのAV動画を見ながらオナニーをする方法です。より臨場感を高めることができますし、動画に合わせて腰を振ることで興奮度はアップします。

 

また、更にリアルを追求したいならVRもおすすめです。実際にパイズリしているような感覚を味わうことができるため、即イキしてしまうかもしれませんよ!

 

パイズリオナニーの注意点

「よし、簡単にできそうだからパイズリオナニーしてみようかな?」と思っているあなたに、2つだけ注意点をお伝えしたいと思います。とても大切なポイントですので、ぜひ参考にしてください!

 

使用後は洗い忘れない

 

パイズリオナホを使い終わったら、必ず洗うようにしましょう。ウェットティッシュで拭き取ったりするだけでは不十分です。石鹸などを使って、綺麗に汚れやローションを洗い流すようにしましょう。

 

なぜ、きちんと洗う必要があるのかというと、雑菌が繁殖する恐れがあるからです。そのまま使い続けた場合、性病などに感染してしまいます。

 

また、湿り気がある状態で保存すると、カビが生えてしまったり、おっぱいオナホの形が崩れたりするものです。

 

そうなると、また新たらしいおっぱいオナホを購入するしかありません。このような事態に陥らないためにも、必ず使用後は綺麗に洗浄し、十分に乾かしてから保管するようにしましょう。

 

やり過ぎは膣内射精障害のリスクあり

 

初めておっぱいオナホでオナニーをする場合、少しの刺激だけでも射精できることがあります。しかし、回数を重ねていくうちに、「こんな刺激じゃ抜けない!」と感じるようになるものです。

 

これは、刺激に慣れてしまったり、パイズリオナニーがマンネリ化したときに起こりがちな現象だといえます。

 

適度な刺激なら問題ありませんが、やりすぎると膣内射精障害に陥ることがあるため注意してください。

 

膣内射精障害とは、膣内の刺激では射精できない病気のことです。日頃から強い刺激を与えてオナニーをしていると、膣内射精障害を発症しやすいといわれています。

 

そうなってしまうと、いざ結婚をして子どもをつくろうと思っても自然妊娠ができないなど、夫婦生活などに支障をきたすケースが少なくありません。

 

ですから、どんなにパイズリオナニーにはまったとしても、間隔を空けたりしながら、やり過ぎないように気をつけましょう。

まとめ

パイズリオナニーは、おっぱいオナホとローションさえあれば、気軽にいつでも楽しむことができます。一度体験するとあまりの気持ちよさに悶絶してしまうはずです。

 

ただし、先ほどもお伝えしたとおり、使用後は必ず洗浄することや、やりすぎに注意する必要があります。

 

その点さえ気をつければ、好みのおっぱいでパイズリできるという、夢のプレーを何度も楽しむことができるはずです。

 

まずはアダルトグッズを販売しているサイトをチェックして、おっぱいオナホを購入してみては?

 

\パイズリ好き必見/

TOPへ